KEYのむくまま NO.67

 

    「誰に習っているの?」                

      人はなぜか、何でも習いたがるようだ。答をだれかから聞きたいの
     は
ことギターに限ったことではない。理路整然とした説明など聞けば
     「な
るほど」と腑に落ちて心地よい。それだけでもけっこう満足できる。
     最
近の美術館などで解説の聞ける機械のレンタルがあって、ずいぶん大
     勢
の人が聞きながら鑑賞しているのも、その辺りの心理をついているか
     ら
だろう。

      しかし、ことギター(音楽と言ってもいい)はたとえ習って、答(弾
     き方の説明)を聞いたとしても、「話は判る」という以上のものはなく、
     とても音にはならないだろう。ティーチャーは問題のフレーズを弾いて
     聴かせてくれるだろうし、解説もしてくれるだろう。よいティーチャー
     であれば、音も話もきっと納得のいくものになるだろう。ところがそれ
     を自分の身体で実際にやるとなると、そのままでは使えない。各人の脳
     も身体もその性能はたぶんわずかずつ違い、その個体差からやり方を変
     え(アレンジせ)ざるを得ないからだ。手の大きさとか、関節の可動範
     囲の差。筋肉のレスポンスのスピードの差など、違う条件のもと、それ
     をひとつのやり方でくくるのはどうしても無理がある。

      ティーチャーが示せるのは、ティーチャーのやり方だけである。ティ
     ーチャーの模範を参考(じっさいにそこで見たり音をきけるのだから、
     凄いことではあるけれど)にして、自分の感覚を頼りに、丁寧に練習を
     重ねることによって探し出してこそ、本人にぴったり合ったやり方は見
     えてくる。こういう地味な作業、こういう探究こそがギターの面白み、
     醍醐味なのだ。

     スペイン語で「誰に習っているの?」は、Con quien estudias? で
     ある。con=withquien=whoestudias=studyとすると判りやすいだろ
     う。教える側も習う側も「学んでいる」ということを含意しているよう
     なこのたずね方が大好きだ。           < 大谷 環・記 >


 大谷 環 クラシックギター    
 
 < 大谷 環 tamaki ohtani >
  作曲家菅原明朗に師事したのち、1978年にマドリッドに留
 学。スペイン王立音楽院ギター科主任教授ホセ・ルイス・ロ
 ドリゴに師事する傍ら、アンドレス・セゴビア、オスカー・
 ギリア他の名手に指導を受ける。アンドレス・セゴビア記念
 館落成記念コンサートをはじめ、ヨーロッパ各地で演奏。
  1986年帰国後、リサイタルのほか、さまざまな楽器とのア
 ンサンブルを行う。
   1953年生
  ベジタリアン  趣味:太極拳
 
バックナンバー <1〜10>  <11〜20>  <21〜30>  <31〜40> 
             <41〜50>  
<51〜60>  <61〜67> 


大谷 環/作・編曲、テキストは こちら  CD、録音作品は こちらへ どうぞ